新型コロナウィルスの感染拡大に備え、一部業務を除きテレワーク(在宅勤務体制)へ移行

Hermit株式会社(ハーミット、以下、当社)は、新型コロナウィルス(COVID-19) の感染拡大に鑑み、事業継続ならびに当社スタッフの安全確保のために、2020年2月18日より、一部の業務を除き、テレワーク(在宅勤務体制)へ移行します。期限は未定とし、今後の状況に応じて解除の決定をいたします。

なお、テレワーク期間中も、お取引先様にご迷惑をかけることのないよう、通常通り業務を行う所存です。
電話・メール・フォームによるお問い合わせやその他オフィス業務も通常時と変わらずに行ってまいります。

当社では、現在リニューアルを進めております越境EC支援ポータルサイトをはじめ、お客様に活用いただいている当社サービスをしっかりと継続していくことが、感染拡大の終息が予想できない現状において何よりも大切と考え、危機管理体制を整備し、事業継続計画の構築に積極的に取り組んでいくためにも、本措置を決定いたしました。

お取引先様やご関係者の方々に対しましては、平常時と変わらず、万全の体制で対応してまいりますので、
何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の1日も早い収束を心よりお祈り申し上げます。

[当社のテレワーク体制]
■ Slack等のチャットコミュニケーションツール
■ データのクラウド管理
■ 社内電話のクラウド化
※社内電話設備をすべて、クラウド化(Twilio及びクラウドPBXの利用とIVR導入)
■ オンライン会議システム(Zoom)導入